スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二人でふらっと......

この日のお連れさまは鯛ちゃん。2人で塩釜へ飲みへ行ってみた。

どこのお店というあてもなく本塩釜駅前近辺を歩いていると~

新しいと思われる綺麗なお店を発見。海岸通りにあった「旬舞」

塩釜 008

お外の壁には「本日のオススメ」メニューがありました。

塩釜 009

とりあえず潜入~まだ?ダァ~レもいない....

即「とりあえず生2つ~!!」.......間もなく「かんぱぁ~い

塩釜 011

さぁ~てナニ頼みましょゆっくり眺めます。

塩釜

「ドリンクメニュー」

塩釜 007

ランチもやってるみたい。

塩釜 006

「お通し」はないお店らしく。。。

ワタシ=「お新香盛り合わせあります?」  店員「あります」 

ワタシ=「じゃソレと~さんまぬたお願いします」

で、きたのがコレ........?????ん????

塩釜 005

ワタシ=「あのぉ~お新香、漬物の盛り合わせお願いしたんですが....」

店員=「はい。これです」  

鯛ちゃん=「コレって盛り合わせじゃないですよね?」

店員=「えっ?これ盛り合わせです」

2人で顔を見合わせ二人で「.....コレって朝漬けでしょ~」

仕方ない。とてもお若い学生と思われるおねえちゃんだからな。と....

気を取り直して「さんまぬた」を。。。。。フツーにおいしいです。


塩釜 001

お魚がキタので2杯目「浦霞純米辛口」に。

塩釜 002

お酒の画像があるなんて。。。めずらしいな。

「とん串」  お連れさま2杯目。 

塩釜 003

「山芋バター焼きチーズメンタイのっけ」

塩釜 004

2人で飲み物2杯づつ飲んでコチラのお店を後にし~

宛てもなくお次のお店を求め移動したのでした~






スポンサーサイト

久々山形のココヘ......

この日はなんとなぁ~く洋食が食べたくて山形まで行きました。

住宅地の中の自宅レストラン「季分屋」

玄関の前のショーケースの上には数ヶ月前に生まれたこの子が門番してました。


季分屋 003

自宅レストランの玄関先でお出迎えのカワイイ

季分屋 002

さてと今日はナニにしましょ ちと見えにくいなぁ.....

季分屋 001

あらぁ~ん8月だったのね..サボってばかりで毎日更新しないから記事だけ溜まっています ^-^;

ワンペーパー(1000円)の「牛ホホ肉のハヤシオム」をオーダーしました。

出来上がりまでスゴイ時間かかるトコだから覚悟して玄関先でとあそんでいたら予想外に早くきたみたいで少しだけぬるくなっていました

季分屋 004

それでも....

季分屋 005

たまごはフワッ~トロッ~

季分屋 006

コーヒーとプチケーキのセットも付いてます

季分屋 007

この「チーズケーキ」がたまらなく美味しいんだな

季分屋 008

牛ホホ肉のデミソースオムにこれだけのセットも付いて1000円は拍手もんだなぁ~と満腹でお店を後にしました。

今月はワンコイン(500円)とワンぺーパー(1000円)はなんだったんだろ.....

今月も早くも終わってしまう....もうすぐ10月。。秋メニューも楽しみだな

多賀城でサックリと。。。

続きを読む

うれしいなぁ~(おまけ)

11時にチックアウトして目指したのは....珍しく温泉ではなく~大好きな「福島競馬場」

まだ大きなメインレースないから競馬場に隣接する駐車場もすんなり入れました。

3階まで車を入れてそのまま駐車場から渡り廊下で建物へIN。

残念ながら競馬場の写真は1枚もないです。今思えば~競馬やる気満々ですっかり忘れてたんです^^;

密やかに来月の大名マークさんが企画してくれた「競馬パーティー」もすごく楽しみです(笑)

さてさて、メインもないこの日は14時までを楽しみそれからのランチでした。

競馬場から川越えてすぐ近くの住宅地の中にひっそりとある「風と木」。



風と木 001

「ふうとぼく」と読むみたいです。

風と木 002

素敵なカンジ

風と木 003

さんざん外をウロついて店内へ潜入~


風と木 005

外のカンジも素敵だけど店内もすごく素敵

風と木 006

さてと.....14時過ぎにランチをと.....

風と木 007

よいお店だ~14時過ぎてもランチができる~。

風と木 008

土曜でも日曜でも....

風と木 009

この様な....

風と木 010

めくるめく想像をかきたてるようなイラストのメニュー表。


風と木 011

「玄気膳」を2つ注文しました。出てくるまで店内をしばしウロウロ。

風と木 012

店内には外国の代物が売られてるコーナーなんかもあります。

風と木 013

ウロウロするにはもってこいのスペースです。

風と木 014


風と木 015

風と木 016

きましたきました昼ごはん

風と木 017

ひょ~美味しそぉ~

風と木 018

「玄米ごはん」。。。フラッシュたいたから白っぽくなった。

風と木 019

「玄米ごはん」。。。なにもしないとこんなに黄色い。店内照明もあるからかな。

風と木 020

どデカイお椀に~きのこタップリの味噌汁。。。。おいすい

風と木 021

よくよく見たらけっこうヘルシーなおかずばかりだったのね

見た目を裏切らない素朴な中にもシッカリ素材の味を大切にした美味しさでした

帰りの会計時にレジのショーケースよりお持ち帰り用の「自家製ピクルス525円」を購入。

風と木 024

家に帰ってきて食べたけどこれまた期待を裏切らない美味しいモノでした

風と木 023

ここもまたリピートなお店に仲間入りになりました

風と木 004

番号はピクルスの壜に書いてあります。



「福島県 高湯温泉お泊りお出かけ」おしまい。


うれしいなぁ~(No、3)

夕食もデザートを食べて~部屋にもどり作戦会議

お酒を呑みながら....さて今からどおしょっか。。。そおだぁ!!

22時までは1時間の貸切が出来る「家族風呂」があるらしく~

せっかくだからソコに入ってみよ~

安達屋 036

フロントで鍵を借り早速へGO!!

安達屋 037

小さな浴室だけど外にチョッとしたお庭があるし、窓を全開に開けられるから半露天状態。

貸切には貸切の楽しみ方(自分流)があります

私の場合はお風呂でお酒を呑むコトクーラーバック持参でお風呂へ行きます。

もちろんグラスも氷もシッカリ持参(笑)

安達屋 041

持参したコレラのモノ達を1時間かけて味わいます すべて私のお気に入りのお酒たち

安達屋 040

けして浴室を汚すコトはないんです。まづお酒をこぼすなんて「moxtutainaiオバケでるから」しないから(笑)

安達屋 044


この後、パレオ持参で露天風呂へ。22時~24時まで混浴タイム。ほとんどダレも来なかった。

夜の大露天風呂....写真撮れたのに貸切風呂で電池切れになり撮れずじまい

次回リベンジしたい。

部屋に帰ってからも2時まで。思う存分思いのまま温泉を満喫できました

実は...今回のお泊り温泉は友達がパチ○コで「バカ=大勝ち」したからと招待されたのでした。

「HIちゃん温泉招待ありがとぉ~ また次回招待されるの期待して待ってからね~



てなワケで「うれしいなぁ~のお泊り温泉」はおしまい


あっ!!バイキング朝食載せるの忘れてた~^^;

朝も8時~9時までに浸かり~9時から朝ご飯。

安達屋 048

朝のバイキングも美味しかったです

安達屋 045

少しづつたんまり食べて~

安達屋 049

チェックアウトが11時だったから10時~11時まで朝寝。

実に最高な温泉宿泊でした また行きたい旅館になりました。







おしまい~














うれしいなぁ~(No,2)

1時間も温泉に浸かった体は~たっぷりの水分を欲しがっておりまする

お風呂に行く前にグラスを冷凍庫へ入れていったし~ビールそのモノもキンキンに冷え冷え。

「いきなし美味そぉー」って叫びながら乾杯~

安達屋 015

イッキにビールを飲み干し........いつものアレを。。。。。

先輩の彼氏さんから少し前に群馬のお土産で頂いたモノを......

コノ日の様な時のために冷蔵庫で寝かせてとっておいてたんです

安達屋 016

彼氏さま「ごちそうさまですどちらも美味しかったですが左の方がとても美味しかったです
遅くなりましたがこの場をかりてお礼申しあげます

気分良く飲んでいたらお部屋のが鳴り「食事の用意が出来ました」とのこと。

囲炉裏のある食事処へ移動~。

すでに焼き色のついてる岩魚、つくね、地鶏。炭火で暖めるだけか?

安達屋 023

「本日の献立」はこんなカンジ。。。。

安達屋 030

安達屋 031

メニューをながめていたら仲居さんがきて「アニバーサリープランのお酒、スパークリングワインか赤か白ワインか濁り酒から選べますけど何になさいますか?」と。

そぉ「アニプラ」には「フルーツかご盛り」の他に食事時に「お酒」が付いてくるんです

だからお1人様500円プラスならかなりお得なんです

日本酒は美味しいの呑んだし、「SPワインや白」って感じでもなかったから....

残るは「赤」にしてみました。

安達屋 029

お連れさまにも確認して赤ワイン頼んだのにお口に合わないのかして全然呑まないから結局1本全部私がいただきました^-^;

さぁ~て今晩のごちそうスタートです

安達屋 018

1品づつ~

安達屋 022

料理を~

安達屋 019

アップして~

安達屋 021

この日の~

安達屋 025

思い出として~

安達屋 026

残しておかなければ~

安達屋 027

ナニを~

安達屋 033

食べたかなんて~

安達屋 032

すぐに忘れてしまうから....^^;

安達屋 024

てなカンジのお食事でした

お味の方?ですか~ 美味しいかったです=全部食べきれる味&量で

お連れさまの「舌」は、道路向かい少し下の「ひげの家」旅館の方が良いとのこと。

確かに温泉も食事も良くて私も今まで2~3度リピートしてるお気に入りの旅館

東京方面から来るお客さんが多いくて週末なんかはなかなか予約が取れない。

あっ!安達屋さんも県外ナンバーの車が多く旅館の人に聞いたら「おかげさまで満室です」と。

ここの安達屋さんも1度泊まったらリピートしたくなる要素がいっぱい

安達屋 035

館内はこんな感じでまったりとした空間がたくさんあるし。。。。


安達屋 034

あっ!!忘れてました!! 食事処を出て他の場所で「デザート」を食べられるとのこと。

食事処を早めにかたづける為の旅館側の作戦か?! はたまた場所を変えて「ゆっくりして下さい」ということか?

わからないけど美味しいモノいただけるなら遠慮なく

安達屋 042

なんのシャーベットだったかな?忘れたわ(笑) 

別腹を用意するまでもなくとっても美味しくいただきました






次回オマケのもうチョイ続きあり。。。。














うれしいなぁ~(No,1)

ある日の土曜日、友達と福島県の高湯温泉の「安達屋旅館」へお泊りへ行くことに

安達屋 002

前々から泊まりたかった旅館だからこの日が来るのをかなり楽しみにしてました

安達屋 001

チェックインは14時~OKと早い時間でしたが私達の到着は16時半頃で他のお客さん達は到着していた様で駐車場は満車でした。

玄関の入り口から素敵な予感

安達屋 003

チェックインの手続きはフロントではなく囲炉裏のそばに座りお茶を頂ながらまったりと。。。

安達屋 004

畳も新しく綺麗なお部屋。昔は板間であったろうトコロも畳敷きになっていてゆっくりくつろげる仕様。

安達屋 008

テーブルの上にはお宿から気のきいたウエルカム

安達屋 005

お宿からの「梨のプレゼント」も嬉しかったけど~それよりも感動したのがコレ

すんごく美味しそうな「フルーツのかご盛り」

安達屋 007


この「フルーツのかご盛り」は宿泊予約の時に宿泊料金に1人500円プラスして頼んだ「アニバーサリープラン」に付いてくるモノ。

自分達で頼んだから知ってはいたけどこんなに美味しそうなたくさんのフルーツだとは思わなかったからお連れさまと一緒にビックリ感動でした

安達屋 006

さてさて早速へGO

日帰りで何度も入りに来てたからココのお風呂の良さは知っていたけどココの露天に夜に入れるなんてうれしー

安達屋 009

「うたせ湯」や~


安達屋 010

「洞窟ぶろ」など~


安達屋 011

洞窟の中はこんなカンジ。。。

安達屋 013

ダレもいないから撮れたけど~たぶん皆はもぉとっくにインしたからから上がって今頃お部屋でまったりしてるんだろおな~って。。。


ココの露天すご~くEカンジなんだよな~ お部屋じゃなくココでまったり1時間浸かってしまった


たぶんコノ原始的な風景が落ち着くのカモ(笑)


安達屋 012

18時から夜の食事を頼んでいたのでイヤでもから上がらなければならないのでした










食べ放題な1日(第3弾)

岳温泉を後に~お次に向かったのは......

食後なのでフルーツなどをと


吾妻庵 010

会津にある「がぶりガーデン」


吾妻庵 002

実はココも何年も前から来たかったのに来れてなかったトコのひとつ。


吾妻庵 008

会津まで「フルーツ」を食べに「ワザワザ行きたい!!」とはさすがに思いません。

吾妻庵 011

そぉ。。。ココ私の大好きな「メロン」を栽培してるトコなんです

それも「メロン食べ放題!!」をやってるトコロ


吾妻庵 009


メロン食べ放題=お1人さま1260円......お子様=630円

お昼に「流しそうめん食べ放題」たべたけど温泉に入ったし~岳温泉から会津までけっこうあるから

到着した時には閉店時間の16時

おやつ時間には遅いけどお昼もソコソコ遅かったからこの時間でもあるんだけどね.... ^-^;

さっメロンいっぱい食べよっとっ!!

吾妻庵 006

うわぁーいっ!!うれしぃ~

お連れさまは食べないらしくコレ全部ワタシだけで食べてEヤツ

大好物だけありましてぺロりと完食

吾妻庵 005

夕張色の方が甘みがあり美味しかったので~

「コッチおかわりお願いしまぁ~す」と遠慮なく。


吾妻庵 004

予約制なんだけどソノ理由がキチンと食べる果物を冷やしててくれるから

だから美味しくペロリと入るのです

吾妻庵 003

美味しいっまたまた「初めに出されたパターンをお願いしまーす」と


吾妻庵 006

来年まではこんなに思いっきり食べられないだろうから思い残すことのない様にたんまり食べてきました。

吾妻庵 005

8月の半ばごろだったか~葡萄の房を眺めながらメロン食べまくりました。

きっと今頃は「葡萄食べ放題」の時期かな~

吾妻庵 007

「来年も絶対来ます!!」とガーデンの優しいお姉さんに挨拶して帰ってきました。


これにて「食べ放題な1日」はおしまい~





ん?1人でそんなに食べたのか?って?.....んだって大好きなんだおん

食べ放題な1日(第2弾)

「流しそうめん」ほどよく食べ~

吾妻庵 022

大自然のなか見たことのない虫ともたわむれながら涼むこともでき~

「次回来る時は来年か~」とか思いながら「吾妻庵」をあとにしました。

吾妻庵 021

で、8月の○ソ暑い時...近くまで来たついでだからと.....行っちゃいましたょ


吾妻庵 012

二本松の岳温泉の見晴らしの良いトコロに建っている温泉旅館「ながめの館 光雲閣」


吾妻庵 015

確かに旅館の前の道路から二本松市内?なのかズゥーと遠く下の方に街並みが見えます。

露天風呂からの眺めも見晴らしが良いです。また誰もいなかったし

吾妻庵 014

その代わりか内湯はけっこうな人でした。

「こんなに暑くても入りに来るヒトいるんだ~」って...

自分もダレかに思われてる1人でしょうに ^^;

コチラの内湯の浴場には女性が喜ぶ様な色々なシャンプーやボディケア用品が数多く設置されていました

岳温泉、その日その日でお湯の色が変化してなかなか楽しめます。

ちなみにこの日は薄濁りでした。運が良ければ真っ白なお湯に入ることも。。。。

1ヶ月に1回あるかないからしいから~かなり確立低いと思うけど

吾妻庵 013

やはり暑い...^0^; いつもより短めの入浴時間で切り上げ涼しいに退散しました。

食べ放題な1日(第1弾)

毎日毎日暑い日が終わりませんなぁ~

こんなワタシでも今年の夏はお昼ご飯を食べずに昼休み時間を過ごしてしまう日がパラパラと何日かありました。

食欲もなくなるくらいの暑さ。。。ダレかなんとかして~

「休みの日ぐらい涼しいところでお昼ご飯が食べたい!!」と思い福島の山奥へ~


簡単にいうと高湯温泉の隣山並び。フルーツラインからはけっこう入る。

あったあった。「流しそうめん食べ放題!!」の看板

吾妻庵 017


この看板までがケッコーあります。初めての来店


画像 099

釣堀もあります。

画像 100

時期も時期だしみんな「涼」と「食」?を求めてココまでくるのね~

この様なメニューの食べモノがあります。


画像 101

ナニゲに混んでて10分くらい並んだかな~

並んでる間に炭火焼き見物。

画像 102

岩魚や鱒。隣の釣堀にたくさんいるヤツね。

吾妻庵 018

吾妻庵 020


ドーム型の高い屋根の下でたくさんの人達が「流しそうめん」を必死に食しておます。

画像 103

奥には山肌をはうように涼しげに滝が流れています。

画像 104

パンフで見るとこんなカンジ

吾妻庵 016

さすが山奥!!ドームの下は涼しい
ラッキーなことに1番滝に近い=そうめん1番はじめに箸を出すことの出来る席に座れることができました
ってなワケで「そうめん」はこんなカンジのトコから何の予告もなく突然出てくるんです

画像 107

あまりにも突然出てくるので私みたいにモサッとしてるヒトはなかなか箸でつかむコトが出来ません

出てくるのを撮ろうなんて神ワザです。(風写さん!!是非とも挑戦してプロの神ワザ画像を見せてください(笑)

ほんでもってやっとの思いで獲った「流しそうめん」

画像 105

「そうめん」確保するのに必死だった間に......

「クレソンの天ぷら」が....お連れさまに半分食べられていました

画像 106

この天ぷら550円もするの。ソレをタダ=無料=サービスで頂ました。

裏ワザ利用「満腹ナビみたけど携帯ココ電波入らないから特典画面見せられないんですけど~」と言うと....

天ぷらサービスでいただきぃ

「流しそうめん」はポイントがあります。右利きのヒトは滝に向かって左側に座った方が断然有利です。

右利きが右に座ると箸先の方向が流される方向と一緒のため「そうめん」がなかなかつかめないです。

まぁ「そうめん」つかむ前にコツをつかんで手をねじらせればなんとかなりますがね ^^;

画像 104

時間制限もなくあわてもしませんが滝が近いとケッコーな涼しさでタンクトップなど袖なしの服のヒトは肌寒いくらい=脱げない防寒着きてるワタシにはちょうどヨカッタけど

下流のヒトは上流のヒトの獲りっぱぐれたの流れて行くけど~上流だって循環してるの流れて来るんだから一緒でしょうょ。

下流はゆったり流れて来るからゆったり食べれますけどね

画像 105

あっ!お味の方?フツーに美味しいです 涼しくてなかなか良いところでした。

釣堀はそこそこ?釣れてました。ウケもE~と思われるトコです

今年は「スーパー残暑」らしいからまだまだココも流行ることでしょ~
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。