スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋田の夜。。。。

夏瀬温泉「都わすれ」を出てきた時にはすでに夕方ちかく.....

せっかくココまで来て帰るのもなんだな~と思い角館へ~

角館の桜はさすがに散っていてメインの通りも交通規制解除。観光客もまばら。

写真の1枚も撮らずフラッと車で通り過ぎただけ。

「ん~せっかくココまできたんだから青森行きたい!!」と計画なしの日帰り旅が急遽の1泊旅へ変更。

夜は街へ飲みへ行こうと秋田市内に素泊まり決定

お疲れだったのかお店の看板の写真もなく名前もすらわからない  フラッと入った焼き鳥屋。

お通しに「じゅんさいと糸蒟蒻、きくらげの和え物」

画像 597

撮影設定もしなかったようでこの店の写真は色がみんな黄色かった。やはり疲れてたんだな^-^;

画像 598
「ど・PINKU」と言う名の濁り酒の色すら薄っすら黄色。ホントは薄ピンクでカワイイ色なのに 
画像 599
画像 600
画像 601

まわりに元気あり過ぎのギャルがいっぱいでお疲れの私には耐えられる環境ではなく1時間も居ないで退散

2軒目へ~

画像 610

おっ秋田チックなお店だ

画像 611

画像 613

なまはげちゃんまでいる

画像 603

店内はけっこう広くそこそこお客さんも入ってる。かすかに薄暗く落ち着くカンジ。何気にホッとして掘り炬燵の席へ。

ココのお通しビックリ。いきなり焼き物 この不景気なご時世にわざわざ固形燃料を使ってのお通しですか?と....

画像 604

21時も過ぎていたので素直に「飲み放題」を頼んで...

画像 608

馬刺しを注文ッ。
画像 605

日本酒は「飛良泉」

画像 607
天ぷら食べたくて「わらびとたらの芽の天ぷら」
画像 606
2時間飲み放題なのに1時間でグラスチェンジ3杯...でお腹いっぱい

お会計お願いしまぁす」て言ったら〆のサービス味噌汁が,,,お腹いっぱいだって...心の中でつぶやきながらお店を出ました。

画像 609

やはり疲れてんだなぁ~2軒の呑んだ量。いつもの量じぁないもんなぁ~

画像 612

寒い秋田の夜、とぼとぼとホテルへ帰りました。


明日は青森だ....と思い爆睡


スポンサーサイト

秋田の~

妙の湯を後に向かうは夏瀬温泉「都わすれ」。もちろんココも「温泉博士」持参



画像 580

画像 581

1度、田沢湖近くまでおり、また山をのぼらなきゃのコース。

画像 582
妙の湯から角館街道341号を走り左折。すぐ砂利道...6㌔夏瀬ダム方面へ

このダムは夏瀬温泉手前の神代ダム。エメラルド色ですごくキレイだった

画像 583

時速5キロで30~40分走ってやっとこ到着。山深いだけあってまだまだ桜は満開
画像 584

日常をしばし忘れてゆったりして欲しくて宿名をこの「都わすれ」にしたらしいけど....

画像 585
凸凹の6キロの砂利道だけで十分現代を忘れますよ^^;  もちろん携帯電波は圏外。
画像 586
こんな山奥なのに県外ナンバーのおべんつやらびーえむやら高級車がいっぱい。

なにげにココ高級旅館です。部屋のお庭に露天風呂が付いてるお部屋がたくさんあるんです。

私ども以外みんな宿泊の方。この時すでに15時半過ぎ。立ち寄り入浴の受付時間は本当は15時まで。

30分以上も過ぎてるのに受付てもらったのにはワケがあります それは私がVIPだからです...ウソですBIGなだけです

旅館脇にはヘリポートもあるくらい。どんなVIPの方が「都」を忘れたくて来るんでしょ.....

画像 587

あっコレは館内中庭。

中庭奥には森もあったりします。 それもただの森じぁありません!!

画像 591

「ととろの森」ですもちろんチョイと奥までととろを捜しに行きました。

画像 592

でも見つけることは出来ませんでした
さてさてさ入ってマッタリしましょ~ 内湯

画像 588

総ひのきと思われるシンプルなつくりの浴室。無色透明無味無臭の 

内湯から露天へ~

画像 590


砂利道が長かったせいか、はたまた泊まることの出来ない高級旅館に酔いしれたい気持ちからなのかいつもより長湯してしまいました。


画像 589

因みにココの旅館は「妙の湯」と姉妹旅館になっていて......妙の湯を出る時にフロントで

「今から都わすれまで行くんですがどのくらいかかりますか~?15時まで着きますかね~?」と尋ねると

優しいお姉さんが「今から行かれるんですね。よろしければお名前お伺いしてよろしいですか?

都わすれの方へお電話入れておきますのでゆっくりお気をつけて向って下さいませ」と笑顔でお見送り。

素晴らしい接客!!立ち寄り客にもお泊りのお客となんら変わらない接客。

さすが女性に支持される人気宿なだけあるわと歓心させられました

そんなワケで30分以上も過ぎているのに入浴受付してもらったのでした

高級旅館に酔いしれだいぶマッタリしたけど...そろそろ都に帰らなければだ....

でもさでもさ....またアノ砂利道帰らないとダメなのよね...

「今度ココ来るときはヘリで来よっ」と思いながら旅館をあとにしました。

続く。。。。

岩手のはずが.......

盛岡でシッカリ腹ごしらえしたから田沢湖目指してレッツゴー

て、田沢湖行くワケじゃないけど......田沢湖って岩手でねぐ秋田だっちゃね~ ^0^;

まぁまぁソレはいいとして.....またまたコノ「温泉博士」を利用してタダ風呂をと

この5月号は今月の15日土曜が有効期限でした。15日からは新しい6月号で、来月の15日までまた色々な温泉に入れる。


画像 499

ほんでもって目指したのは乳頭温泉郷の中の「妙の湯」 


画像 578

ココの旅館、女性に人気のお宿。

画像 569

館内は撮影するの忘れたけどオシャレだし、接客も丁寧。お風呂の洗い場の作りもヒトの気持ちを考えてると思う作り。

コチラは脱衣所からすぐの露天岩風呂。「金の湯」 薄うぐいす色の変わったにごり湯。


画像 577


画像 574

金の湯からの眺め....まだ残雪があったりしてました。

画像 575

お次は金ときたら~もちろん「銀の湯」....無色透明のお湯。

画像 573

そして....男女混浴露天風呂 

画像 572

遠まきに撮りたかったけど入浴者多数のため不可。

画像 571

ココの混浴露天はバスタオル巻きで、混浴露天の手前に貸し出しバスタオルまで用意されている。

画像 570

ココの露天ぬるめの湯温だから長湯してしまう 川っぷちだから眺めもなかなか

画像 579

立ち寄り入浴=10:00~15:00まで700円。 貸しバスタオル無料。


でも私はタダ     「温泉博士」最高~

まだまだ続くけど次回へ続く~



岩手でおりよっと......

東北道を盛岡でおり~ちょうどお昼ちょい前。

「サエモン会盛岡支部会長」のちょろりご夫妻のテリトリーへおじゃま

「お久しぶりでぇ~す!!今、盛岡きてました~田沢湖方面向きで~定食系で美味しいお店教えて下さ~い」の突然のにも優しく親切に奥様は応えてくれました

小岩井牧場近く?っても反対奥の方の軽食屋さん「まんま」


画像 559

ニャンコの看板がカワイイ~

画像 560


お連れさまが頼んだ「南部小麦・南部かしわうどん」+短角牛ミニカレー+メンチコロッケ+アイス。

画像 566


私が頼んだのは「野菜たっぷり牛丼(短角牛)」+アイス。

画像 567

メニューに偽りはなく野菜=たまねぎがたっぷり入っててさん探ししてしまった ^0^;

大盛頼んだワケじゃないのにご飯の量がモリモリで残してしまったくらい

でもでもでも....「アイス」は別腹~

画像 563

種類がたくさんありましたが大好きなモノ見つけて即決定!!

「どぶろく」のアイス

画像 564

美味しい美味しいって散々食べてから「ハッ」って思った!!

画像 568

車につんでるアルコールチェッカーで「はぁ~」としてみた....結果「0,38」もアルやん

けっして昨夜の分の反応じゃないょぉ~^0^; 朝にちゃんと出る前に測定して確認してから車運転して帰ってきましたから

でもココでお連れさまと運転交替恐るべし「どぶろくアイス」

あっ!!コレ待ち時間に頼んだちょろり奥様オススメの「タコス」

画像 565

地産地消にこだわったお店のようでしたね小麦も近くのモノ。さんも岩手名産短角牛。アイスも手作り。

来店するお客さんも観光客はなくご近所さんが多い様子でした。

ちょろり奥様、マニアックなお店のご紹介ありがとうございました また近くを通った時は寄り道してみます


腹ごしらえは完了!!まだまだ思いつきの旅は続く~

2週間前の~

土曜のできごと......

GWの週の最終土曜日、6時に目覚めとても天気が良くてすごくお出かけしたくなりました。

前夜「北の峯」で飲んで記憶を失くし.....2軒目からANEさんにホテルまで送ってもらいお世話になってしまった様で



ザクッと北の峯の美味しいモノ達~


画像 549



画像 550



画像 551



画像 553



画像 555



画像 556



画像 557



画像 558


何時間で記憶喪失になったことやら.....ナゼか2軒目の画像は1枚もナシ

で、翌朝6時の起床だったけどお泊りだったから~モサッとしながら8時チェックOUT。

思いたったら吉日人間。9時には自宅出発 いざ!!東北道を北に向かってGO~!!

今回のおでかけは何1つ計画のないプランだったので行き先すら高速にのって走りながら考えました。

で、せっかく全国無料の温泉雑誌「温泉博士」があるのだからと思い~その中から岩手県をセレクトしました


次回へ続くぅ~

血をわけた兄弟。

昨日、5月14日金曜。11才になる三男(ボーダーコリー)が手術をしました。


スロー


日帰り入院だったけど初めての入院にすごく不安そうだったらしい。

らしい....私は風邪ひきさんで会社休んだため同行は出来ず......

肛門のわきに脂肪のかたまりができてしまいソレを摘出する為の手術。切って縫うだけの簡単な手術。

癌じゃなかったからよかったんだけど。




画像 526


なにも不安のないとても安らかな顔の三男。


画像 538


次男(ゴールデンレトリバー)の話になりますが、一昨年の秋に「末期の脾臓の癌」になってしまい1週間生命の保証のない大手術をしました。


ゴールデンの犬種そのものが我慢強い犬種らしく、ご飯を食べなくオシッコをもらす様になってから病院に行きましたが

病院に行った時には癌もお腹の中で破裂してたらしく、行き着けの病院では手に負えないらしく岩沼の動物病院を紹介されました。

初めての病院。受診後早々最悪な結果を言い渡されました。

「今がんばって普通の顔していますけど、この子はだいぶ辛いはずです。お腹の中で癌が破裂してるのに

今こおして生きてること事態が不思議です。」

先生から究極の3つの選択を言い渡されてしまいました。

「このまま何もせずにいるか、お薬を使ってラクにしてやるか、助かる保障はないですが手術をしてみるか、

ご家族で話合って下さい。」とのかなり生存保障の見込みなしのお話。  その晩家族みんなで話し合いをしました。

「今こおして笑っているのにラクになるからって薬で死なせるなんて出来ないょ。」

「とても辛いのに何もせず死ぬまで見てるなんて事も出来ないし。」

「助かる確率は少ないけど手術してあげよう!!」の意見に決まり、即翌日に手術することに。

オスなんだけどメスと間違われる位の大きさ=25kg位しかない。術後22㎏=約3キロの腫瘍摘出。

そんな次男の癌摘出手術はバケツ1杯分もの量で実際に癌腫瘍を見せられてかなり驚いた。

術後に先生からまた「手術は無事成功しましたが助かる見込み=保障はないですからね~あとはこの子の頑張りしだい=生命力です。」とまで言われた。

「思いのほか摘出量が多かったから血が足りないから貧血だからねぇ.....血できるまでかなり時間=日かかるし...」と.....

私は「先生!!犬の血液型は人間ほど細くなくアバウトだと聞きましたが血が足りないなら輸血はどうなんですか!?」次男を救ってあげたい気持ちで必死で聞いてみました。

「血を分けてあげれる子がいるならね~」の先生の返答に「います!!同じ位の大きさのボーダーコリーがいます!!」と

「じぁあ連れてきてみて。ただし血液検査して合わない場合もあるし」との事。

即自宅に戻って三男を病院へ。 まずは適合検査のため前足から直径2cm×20㎝くらいの器で採血。

「よかったですね~適合しましたよ~」と先生の笑顔。その笑顔に一安心

「だだし、輸血してみてこれから1週間くらいは拒絶反応がでなければいいのですがね....」とまた曇り顔。

その表情をみて自分ももの凄い不安 結果=1週間何事もなく退院。

今だ定期健診の度に先生に「あれだけの大手術をして今こおしてるんだからこの子は奇跡の子ですよ~」と先生も嬉しいらしく連呼

でもホントある意味奇跡だと思う。輸血量をまかなえる大きさの三男。血液適合検査合格。輸血後の拒絶反応一切ナシ。

どれか1つでも当てはまらなければ次男は助からなかったはず。親バカだけど私にしてみればどちらも奇跡の子達。



画像 531

次男も14才。立派な高年齢犬。最近は腰もヘルニアらしくだいぶ足腰にきてるみたいで後ろ足を引きずって歩いてる。

だから散歩も家のまわりだけ。


画像 540



次男の大手術の前の年の秋に23年=23才のネコがアチラの世界へ旅立ちました。

ネコほどの年齢にはなれないカモだけど血を分けた本当の兄弟。2匹とも長生きしてもらいたいものです。

三男の手術に伴い、人間も動物も健康が1番だと改めて感じさせられた1日でした。


画像 539

        
奇跡の手術をしてくれた病院の先生は岩沼の「カサハラアニマルクリニック」の院員長先生。

遠くは青森からも神の手を求め手術に来院して来るらしい。

「先生、今日もありがとうございました」
     

なかなか進まない

続きを読む

最近の悪いクセは.......

火曜日か水曜日にたまらなく飲みに行きたくてしかたないコト

ソレが次の日の起床が4時半起きでも ^-^; たとえ雨が降っていようとも.......


画像 523


先週の火曜まさにの夕方へのお出かけ  塩釜の「りゃん亭」へ~



画像 510


2年ぶりくらいで久しぶりの来店。 仙石線を西塩釜駅で降り市役所方面へ向かう途中にひっそりとたたずんでいます。


画像 511

コノショットは市役所方面から写したモノですが西塩釜方面から来たら通り過ぎてしまいそうなカンジもします ^-^;


画像 509

さりげないオシャレな門を入り~


画像 512

お花の小路地を通り奥の玄関へ~


画像 513

建物外観を見てのとおり昭和の建築。撮れなかったけど室内も、すごく懐かしい落ち着く感じです。

今日は1番乗り

カウンター席に座ると目線の高さにインテリアの様な誘惑の1品が.....


画像 514

でもでも誘惑にもめげず....つか、なんかいらない

画像 516

さて、今日は何の料理を注文しようかなぁ~て、、、、実は決まってるんです

画像 517

今日はとてもワインを飲みたい気分で~  ピーロートの甘口赤ワイン


画像 522

実はこのワイン持込  持ち込み料は変わってなければ1500円。


画像 515

このワインとココの「牛肉の煮込み」がメッチャ合うと私は勝手に思ってる  もちろんソレを真っ先に注文しました

でも1番先に届いたのはお連れさまが選んだ3品セットの「ホワイトアスパラのポタージュ」

ポタージュだけはマスターが気をきかせ私の分も用意してくれた

画像 518

お次は「マグロのカルパッチョ」

画像 519

で、やっと来た着た私のお目当ての「牛肉の煮込み」 2年ぶりでも美味しさは全く変わらずでした

画像 520

最後に3品セットの「牛焼き」です。絶妙な塩加減でコレもたまらなく美味しいです


画像 521


いやぁ~2年ぶりだったけどどれも美味しかった

ワインとビールはかる~く飲まないと次の日が怖い ^-^;

「安心してたっぷり飲めるのは日本酒だけだな」と思いこのお店はボトル1本でおしまいにしました

時の流れは早いもので.....

載せよぅ載せよぅと思っていたら早くも5月 ここにきてやっと載せられた4月のランチ

ほぼ毎月1度は必ず食べに行ってる岩出山の「城山キッチン」

今回はメニューも載せたからふせていた店名も発表しちゃうマスまだモザイク消し使いがわからんのデスょ ^0^;



画像 481


一人で行く時もたまにあるけどほぼお連れさまがいるので2つの定食を選びます。

でも4択だからいつも悩みまくり^^; で、私は1番を選択

画像 482

で、お連れさまは3番選択。

画像 483


コチラの定食いつもどれもシンプルなんだけど基本のご飯から美味しいおかずも素材の味をいかしたものばかり。

家の近くにあったとしたらなんぼ通うんだか^-^; てくらい美味しい

1時間かけても鳴子温泉とセットで通ってしまう美味しいモノのお店です
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。