スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイムスリップ.........2........

湯上りに~お部屋で夕食前の食前々酒^^;  
山形なのに「浄蓮の滝」と言うラベル....
ワタシと同じ「温泉巡り旅」が大好きな先輩と先輩の彼氏さんからの伊豆土産
「AKEさん彼氏さん、いつもスミマセン=美味しく頂いてます
奥は「雪ぽつり」と言う名前のココの旅館オリジナル?の薄濁り生酒....すでに空ですけどne^^;

画像 017

夕食は「宴会をします!!」と言う事で個室を用意してもらいました。
みんなでワイワイ&ガヤガヤとお部屋から個室へ大移動~。

画像 003

なんか田舎のお家さ来たみたいな立派な「神棚」があるお部屋を用意してもらいました。
聞けば昔々?わざわざ我ら宮城県の七ヶ宿地区からこのお部屋?を移築したんだとか....
かなりたいそうなお部屋らしいのですが....そのお話聞いた2月もワタシには昔々で^^;

画像 004

そんなタイソウなお部屋でワイワイガヤガヤ宴会の始まりです。
左から「あさつきの酢味噌あえ」真ん中「ワカンナイ=ワスレタ」右側の....驚きの美味しさだった「ひょうの炒め煮?」。
以前ケンミンSHOWで「山形県民はコノ「ひょう」を生垣に利用しながら摘み取って食べる」なんて言ってたから「おぉー!!コレが噂の「ひょう」か~」と話が盛り上がりながら食べました。
仲居さんに聞いたのだが「ひょう=うこぎ」らしいけど天ぷら、おひたし、味噌和えなどにしてフツーに食べてるらしい。
しかしながら...同じ山形でも新庄の知人は食べないらしく~米沢地域の食文化?のようです。

画像 015

「鰤の粕焼き?&あけびの肉詰め」これらも美味しかったぁ~

画像 014

お鍋は「地鶏のつみれ鍋」が2コきました。
仲居さんがへらでほど良い大きさのつみれをお鍋の中へ落としてくれます

画像 016

シンプルな味付けスープで地鶏つくねの旨味があふれ出てかなり高評価のお鍋でした

画像 011

大好きな「おしんこ」

画像 012

さてさてコチラからは~翌朝の「朝食」。
おかずの内容もお味もいたってフツーなんですけど......

画像 043

もぉ1つ......ココの名物としているかわった朝食があります。
なんと365日毎日毎日、朝に大座敷で「餅つき」をしてお客さんを喜ばせているようです


画像 039

手打ちのつきたてのお餅を好きなだけ食べさせてくれます
「ずんだ餅、あんこ餅、きなこ餅」

画像 045

「納豆餅」

画像 046

「お雑煮」

画像 047


ヨコ画像になってしまったけど.....「お餅膳」

画像 044

フツーの「和食膳」か「お餅膳」のどちらかを選べます。
どちらも食べたくて.....
ホントは「お餅膳」の人は大座敷で食べるんだけど~
そうすると「和食膳」の人達と一緒にご飯食べれないから~
お願いして夕食時と同じお部屋でみんなで食べさせてもらいました

どちらも食べてみたいワタシは....
「和食膳」を頼み「お餅膳」の人におかわりしてもらいお餅も一通り食べました

夕食も朝食も美味しく~ ズバリココの旅館最高

また行きたい旅館に入りました


あぁぁぁぁ~また行きたいなぁぁぁぁ......






スポンサーサイト

タイムスリップ.......1......

今年もあともぉ少しで半分の時が過ぎてしまう

早い早い!!歳を増すごとに日々の生活が駆け足どころか猛ダッシュで走ってる?カンジが...

思えば今年2月にも山形の温泉へお泊りしたのでした。
山形県の「赤湯温泉いきかえりの宿瀧波」。

画像 027

思わず1月だったか2月だったか忘れてしまうくらい脳もお年をめされた様でして....(汗)
つくづく思い出を記録しておくには写真や日記、手帳って大切だなぁ~と実感しました。

画像 035

この震災で会社が津波の被害をうけ1m近く浸水しました。車と過去3年間分のスケジュール表がダメになりいつどこにお出かけしたのか....
日記帳と同じ様なものでしたのでショックでした。 携帯画像を見ながら「タイムスリップ」です。。

ウェルカム「お抹茶」と「のし梅」
画像 033

この時は総勢9名での1泊2日温泉旅行。
2部屋用意されたうち1部屋には「お茶会」もできる様な立派な2間続きのお部屋をいただきました。

画像 022

もちろんお部屋にはお風呂付でそれも檜風呂。

画像 024

こんなに広い部屋ならこの1部屋で9名OKなのに....
でも夜になると「かいじゅう」に変身するヒトがいるから避難部屋は必要な様で遠慮なく2部屋使わせてもらいました^^;

お宿に着いて早々に「飲み物&おつまみ」を広げるだけ広げ即みんなへレッツゴー

画像 023

お宿も立派なトコだけどお風呂もキレイでご立派

画像 001

源泉かけ流しで~

画像 002

全部で8つのお風呂があるようです。何回入ったんだか、いや人が入ってないのを確認して何度お風呂に通ったか^^;
石板?の後ろ側にも湯船がある8畳ほどの蔵王の原石をくり抜いて造った珍しいお風呂とやら

画像 006

弱アルカリ性、ナトリウム、カルシウム含塩化物線の湯は....
飲んで慢性便秘、痛風、糖尿病、慢性消化器病や、うつなどにも効果がある様です。

画像 036
ウチのメンバーは完全健康体なんだかしてダレ1人飲んでない様でしたがね^^;

画像 005

1番最後にお風呂に行き1番最後にお部屋にもどったら...
お約束の夕食前の大宴会が既に始まっていました





お食事編に続く~かな。。^^;




念願の......(お食事編)

上山市内の夜景もキレイだったなぁ.....


画像 020

さて!!ごはんごはん。満員御礼の日なのに時間差でのお食事だからかお食事の部屋にはワタシ達を含め2組。

画像 025

ゆったりとお食事すたーと。ってさっそく「コレなんだろ?」って開けたら大好きな漬物

画像 027

ん?て思ったお造り。そぉこの日は「お雛まつり」。

画像 026

なんか全体的に「雛まつりバージョン」になってる様でして.....

画像 030

ナニ入ってるのよぉ?と思いながら.....「菜の花と海老の酢の物」

画像 029

コチラは「海老と地鶏つくね味噌」

画像 028

米沢牛じゃなく「山形牛の炙り焼き」

画像 036

「海老のタルタル?なんちゃら^^;」

画像 039

「なめこの味噌汁」

画像 034

〆のデザート「わらび餅&コーヒーゼリー」もキッチリたべました

画像 043

翌朝~

夜に雪が降って少し積もったんだよね。。

画像 051

「雪椿」眺めながら朝風呂~贅沢だわぁ

画像 047

朝ごはんの時にはすごく天気良くて気分爽快

画像 055

でも昨夜たくさん食べたから「朝は控えめに!!」.....

ご飯と味噌汁と塩辛のみ。

画像 040

なんてダレが言うでしょう!!きっちり盛沢山のおかず付き
ヨコっちょのまんまだけど^^;

画像 057

念願の「温泉露天風呂付のお部屋お泊まり」よかったなぁぁぁ

今度はいつこんな旅館にお泊りできるんだろなぁ。。。

画像 022

今になって振り返って考えればちょうど人生半分の年の「雛まつり」。とてもいい記念?になりました

画像 045

おしまい。



念願の.......

「露天風呂&足湯付」のお部屋に初お泊りに行きました。

さすがに昨日今日の話じぁないです ^0^;

こんな時だから楽しかった「あの日の思い出」を自分なりに振り返ってもいいかなって。

小雪舞い散る3月のはじめ頃のお出かけ。。。。

ずぅーとずぅーと前から「1度でEから部屋に露天ついてる温泉にお泊まりしたい!!」と

決してお安くはない料金なのでやっとの思いで^-^;


画像 001

場所は山形県上山の葉山温泉。そぉアノ有名な旅館「古窯」があるところ。

でも今回ワタシがお泊りしたところはソノ手前に建っている「葉山館」。

画像 002

ワタシの中では今までお泊りした温泉で1番お高い料金のお宿。

画像 006

甘っこいお茶っこを頂きながらしばし(ケッコォ)待たされます。ドキドキのお楽しみ

画像 005

やっとこ待って仲居さん参上。リクエスト通りの最上階の1番良いと思われる角部屋へご案内~。
ジァ~ン!!思わず「おぉぉっ!!E-部屋!!

画像 008

夕方のチェックインと雪降りだったため窓からの景色は薄暗くなってました。

画像 011

今回の寝具はベット。温泉のお泊まりなら断然和室で敷き布団が好きだけど...
こんな風に現代畳敷きの和モダンなお部屋ならベットでも全然OKだわ

画像 007

窓際に足湯があります。湯は自分が入る時に自分で入れる仕様のため今は空っぽ。

画像 009
すぐ右お隣には檜と岩づかいの立派な半露天風呂

画像 010

コチラのお風呂は並々と適温のお湯が入っていました。
トイレのタンクのフロートと同じ仕組みらしく設定湯量が減ると自動で詮が開き温泉が供給される仕組みのようでした。

画像 013

後から考えるとお風呂の湯温が適温だったのはチックINして茶を頂きながらしばし待たされてる間に?新鮮な湯が注ぎこまれたのではないかと。

さて腰を落ち着ける前に=夕食前に大浴場へ即GO!!

大浴場いたってフツーなんですけど関心したのが備え付けの「シャンプー&リンス」の種類が、
ヘタなドラックストアより豊富に設置してあったのが「ほぉ~女性客のコトを考えてますなぁ~」って。

画像 016

露天風呂に入る頃にはすっかり暗くなりました。
画像 018

たっぷり温泉に浸かって~「湯上がり処」で備えつけの「麦茶」を1杯。「うまい!!」
画像 019


さっ!!だっだっ  次回へ続く~。
















うれしいなぁ~(No、3)

夕食もデザートを食べて~部屋にもどり作戦会議

お酒を呑みながら....さて今からどおしょっか。。。そおだぁ!!

22時までは1時間の貸切が出来る「家族風呂」があるらしく~

せっかくだからソコに入ってみよ~

安達屋 036

フロントで鍵を借り早速へGO!!

安達屋 037

小さな浴室だけど外にチョッとしたお庭があるし、窓を全開に開けられるから半露天状態。

貸切には貸切の楽しみ方(自分流)があります

私の場合はお風呂でお酒を呑むコトクーラーバック持参でお風呂へ行きます。

もちろんグラスも氷もシッカリ持参(笑)

安達屋 041

持参したコレラのモノ達を1時間かけて味わいます すべて私のお気に入りのお酒たち

安達屋 040

けして浴室を汚すコトはないんです。まづお酒をこぼすなんて「moxtutainaiオバケでるから」しないから(笑)

安達屋 044


この後、パレオ持参で露天風呂へ。22時~24時まで混浴タイム。ほとんどダレも来なかった。

夜の大露天風呂....写真撮れたのに貸切風呂で電池切れになり撮れずじまい

次回リベンジしたい。

部屋に帰ってからも2時まで。思う存分思いのまま温泉を満喫できました

実は...今回のお泊り温泉は友達がパチ○コで「バカ=大勝ち」したからと招待されたのでした。

「HIちゃん温泉招待ありがとぉ~ また次回招待されるの期待して待ってからね~



てなワケで「うれしいなぁ~のお泊り温泉」はおしまい


あっ!!バイキング朝食載せるの忘れてた~^^;

朝も8時~9時までに浸かり~9時から朝ご飯。

安達屋 048

朝のバイキングも美味しかったです

安達屋 045

少しづつたんまり食べて~

安達屋 049

チェックアウトが11時だったから10時~11時まで朝寝。

実に最高な温泉宿泊でした また行きたい旅館になりました。







おしまい~














検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。